病院案内・設備

病院案内

病院外観
夜でも安心して止めれる、ゆったりとした駐車場を設けました。


受付・待合室
ゆったりできる待合です。


診察・検査・手術室
様々な検査、手術がおこなえるように設備をそろえています。


トリミング室(ドッグバス・ドライヤー等)
左:第1トリミング室(主に小型犬や中型犬のトリミングを行います。)
右:第2トリミング室(中型〜大型犬もトリミングが出来るお部屋です。)


ペットホテル
清潔安心


入院室(左:犬入院室/右:猫入院室)
ストレスを減らす為に別々に設置

設備案内

ICU装置:集中治療器(MENIOS)[新導入]
呼吸状態の悪い患者様、心臓病の患者様、手術後の回復室として使用します。速やかに高濃度の酸素を供給するだけでなく、温度、湿度を自動制御することできます。動物のストレスを最小限に抑えた治療を行うことが可能です。


超音波検査機( Xario )
最新のエコー診断装置で、痛みを伴わないで、体の中の内臓や心臓の検査が行える装置です。このエコーでは、鮮明で綺麗な画像で診断が行えますので、以前より多くの病気を早期に発見できます。ペット達にストレスを与えず検査を行えます。


Sono Surge 超音波メス
超音波凝固切開の超音波メスと超音波吸引装置のキューサーが一緒になった超音波手術システムSonoSurg(ソノサージ)です。体内に縫合糸を極力残さず、安全性の高い手術ができます。出血のリスクを下げ、スピィーディーな手術ができ、患者様の負担が軽減できます。


超音波吸引装置CUSA [新導入]
血管を切らずに、細胞だけを吸引(吸い込む)することができますので、肝臓の切除や完全切除出来ない腫瘍の減容積(吸い取って大きさを小さくする)に力を発揮します。


マイクロハイスピードドリルシステム
骨折や椎間板ヘルニアなどの整形外科や骨を扱う手術で使用する装置です。


骨折整復治療器具(LCP(Locking Compression Plate)System) [新導入]
LCPは、プレートにスクリューをロッキングさせて固定する
新しいコンセプトのプレーティングシステムです。
超小型犬の骨折の治療を行う場合により正確で確実な骨折整復を目指すため、
DePuy Synthes社のLCP(Locking Compression Plate)Systemを導入しました。


VIO50C 高周波手術装置
手術の際に、切開、凝固(止血)を迅速に行い、患者様の出血のリスクを抑え、手術時間の短縮が出来ます。


コニカミノルタ REGIUS UNITEA
デジタルレントゲンで、迅速な現像が出来るので、すぐに治療に入れます。


動物電子内視鏡システム
高画質な画像が慢性腸炎、消化器の腫瘍等の消化器疾患の診断に役立ち、一部の症例で開腹する事無く異物の回収を行う事ができます


生化学自動分析装置 富士ドライケム7000(Z)
同時に5件の患者様の生化学検査を行え、また検査時間も短縮できるようになります。なるべく早く治療に、また待ち時間を短縮できるように導入しました。


血液凝固分析装置(COAG2NV) [新導入]
出血傾向がないかDICなどの命にかかわる病気がないかを院内で検査できます。
手術前に出血のリスクを検査できる為、さらに安心して手術が行えます。


尿検査
尿検査が正確に迅速に行えます。


血球計算器 [新導入]
貧血、白血球の異常を見つけ、白血球の分類をする器械です。 


心電図モニター
麻酔、緊急の患者様のバイタルサインをモニターします。


人工呼吸器
緊急の心肺蘇生や手術中の患者様の呼吸を管理する人工呼吸器です。


昇降式診察台
診察台が床付近まで下げれますので、大型犬が簡単に乗せられます。
ウサギや骨折が心配なペット達にも安心です。


ドッグバス
トリミング、薬浴の際、用いるドッグバスです。


ナノバブルオゾンペットシャワー
余分な皮脂を分解・洗浄します。あぶらっこいわんちゃんもふんわり仕上がります。ペット臭を脱臭します。清潔を保ち、皮膚の再生を活性化します。
しっしんのわんちゃんの皮膚改善や予防にも大変有効です。皮膚マラセチア症や脂漏症、老齢性しっしんの子など、ターンオーバーの正常化を促します。被毛への収れん効果で、たんぱく質の流出を防ぎ、キューティクルのはがれを抑えます。感染症の予防、犬パルボウイルス・黄色ブドウ球菌・大腸菌などを殺菌・洗浄します。
水道水の有害物質を分解しますので、ふっくらとした毛並みになります。


無影灯(9灯)、昇降式手術台
手術中の照明と色んな体勢を維持し、保温機能を持つ手術台です。 


ペットサーム(Veterinary Warming Systems)
手術中の保温用マットとしてペットサーム(Veterinary Warming Systems)を導入しました。
手術中の体温低下を防ぐことができます。
これにより、手術の合併症の予防や術後の回復が早まります。
少しでも安全にまた、手術を受けるペットたちの負担やストレスを少しでも軽減できるよう貢献できればと考えています。

ページ上部へ戻る