ブログ

年内の診察

手術関連
2日前に、手術の依頼を受け、他の施設にて手術してきました。
元気、食欲低下し、お腹が張るという事で、来院された16歳のワンちゃんでした。
検査を行うとお腹のなかで出血が起きていましたので、腫瘍を疑い手術を実施しました。
結果的には、肝臓に腫瘍があり、そこからの出血でした。
無事手術は終わり、次の日には食欲もあり、改善してくれています。
5歳を超えると、様々な成人病が起きやすいので、定期的な身体検査、血液検査をおすすめします。
腫瘍であれば、今回はすでに肺に転移がみられましたので、生活の質QOLの改善を目的に
手術を行いましたが、治療を行っても助けてあげれない場合がありますので、
人間と一緒で早期発見がベストだと考えています。
お家でも、時々、ワンちゃん、猫ちゃんの体を触ってあげて、何か変わったものが触るようなら
動物病院にて、ご相談下さい。
年内の診察
今年の診察は本日で終了しました。
来年は、1月3,4日はam 10:00~pm 1:00、 1月6日から通常診療を行っています。

開院して、半月しか診療出来ませんでしたが、多くの方に来院していただき、感謝しております。
少しでも、オーナー様、ペット達のお力になれるよう努力していきます。
よいお年を。

院長(獣医師) 前田 賢

関連記事

ページ上部へ戻る